けいのブログ

Key's Bricolage-log

【ポケスペ考察】「本編の主人公」について

■実は特殊な「本編の主人公」という表記について考察。

 

  • ポケスペにおける「主人公」
  • 「本編の主人公」
    • ゴールドにおける「本編の主人公」
  • エックス、サンにおける「本編の主人公」
    • 1. なぜXY編から始まったのか?
    • 2.ORAS編で消えているのはなぜなのか?
    • 3.サン・ムーン編で復活したのはなぜなのか?
    • 4.剣盾編で再び消えたのはなぜなのか?
  • 無茶苦茶な説を一つだけ
  • まとめ
続きを読む

暴力なき出産(フレデリック・ルボワイエール)について

決して狙っているわけではないのに、私の取り上げる本は

  1. 著者の日本語のWikipediaのページがない
  2. すでに絶版
  3. 中古しかないのに値段が割高

ばっかりなんだよ…これもそう。

 

  • どんな本?
  • 感想/内容で重要な部分
    • 手に取ったきっかけ
    • 私と出産は、今のところ程遠い
    • 内容について
  • おわりに
    • おまけ:訳者の人に言いたいことがある
  • 参考文献
続きを読む

それでも人生にイエスと言う(V・E・フランクル)について

おすすめしていただく機会があり読んだのだけれど、良かった。

 

けれど「本の感想」なのに、ところどころ著者の話だけに留まっていないのはご容赦あれ。

でも、私は読んでいてこうしたことが思い浮かんでしまったし、それに、こうした方向からの指摘は誰もしていないんじゃないのかなぁ。

 

だから、興味がある人はぜひ検証してみてください。

 

  • どんな本?
  • 感想/内容で重要な部分
    • 著者および内容について
    • 3つの講演
    • 議論についていくのは実は結構難しいのだ
    • 西欧の盲点?
    • フランクルとフィードバック
    • 責任の議論
  • おわりに
  • 参考文献
続きを読む

非現実の王国へ行ってきた

このタイトルでピンと来る人はけっこういるでしょう。

 

ハイ、ヘンリー・ダーガーです。

かねてより興味のあった彼の絵に触れてきました。

 

 

と言っても、実物を見たわけでなく、あくまで本で読んだに過ぎないのですが。

 

ジョン・M・マクレガー,小出由紀子訳

ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で(2000,作品社)

 

です。

続きを読む

闇からの目覚め(アリス・ミラー)について

新曜社さん、復刊してください。(※2022年3月時点)

 

  • どんな本?
  • 感想/内容で重要な部分
    • アリス・ミラーの一冊目としておすすめ
    • 私が感じた著者の変化
    • 「助けてくれる証人」と「事情を弁えている証人」
  • おわりに
  • 参考文献
続きを読む

【ポケスペ考察】マチエールは救われたのか?

■XY編の登場人物であるマチエール。

彼女はゲーム版にも登場するが、ポケスペではある設定に大きな変更がある。その違いを考察してみる。

 

  • はじめに
  • 何だかモヤモヤしたゾ
  • ありようを改める、ということ
    • ゲームに感じたモヤモヤ
    • よかれと思ってしたことでも
  • ポケスペの救い
    • エックスとマチエール
    • クロケアとマチエール
  • まとめ
続きを読む